スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DebianへのStandard ML導入記録

関数型のプログラミング言語 Standard ML (以下、SML) をうちの Debian Lenny にインストールしたときの記録。

Tag : PC

まず、パッケージをネットから拾ってくる。
ファイルはこのページの Linux RPM Installation の項目にある smlnj-110.0.7-4.i386.rpm。

拡張子 rpm は Redhat Linux 用のパッケージ。
Debian ではそのままだとインストールできないので、Debian 用のパッケージに変換する alien を使う。

うちの Debian には alien が入ってなかったので、su 権限で、
apt-get install alien

とした。

alien が使えるようになったので、早速インストールする。
alien smlnj-110.0.7-4.i386.rpm

これで、今いるディレクトリに smlnj_110.0.7-5_i386.deb というファイルができる。
次に
dpkg -i _110.0.7-5_i386.deb

とする。
これでインストール完了。
sml

とすれば、SML の対話モードが呼び出される。


参考にした WEB サイト
Debian 活用
Installing Course Software
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fura2

Author : fura2
数学・コンピュータを中心に、考えたこと・やったことを書いていきます。

誤植等を含め、間違いはご指摘いただければ幸いです。

FC2カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。